HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>FF11

臼レベル50到達 ~プロミヴォン-ヴァズENM編~

@2300でレベル50に上がる状態で白のPT希望を出すも誘われず・・・


しばらく下層で呆けていると、

 ヴァズENM行きませんか~、フリーロットです~

ENMでレベル上げちゃおうと企み、即tellしました。

しかし、ヴァズENMと言えばレベル50制限です。

入ってからレベル云々言われるのは嫌なので、

 僕 >> : レベル49の白でも良ければ参加希望したいですー

 >> 僕 : 是非お願いします~


快諾して下さいました。(´∀`)


構成は、ナ戦狩シ黒臼。

装備はこのままで良かったのですが、ヤグドリを取りに倉庫へ。
2本用意して集合場所へ向かいました。


集合してテレポヴァズで飛び、ボスディン氷河へ移動して、無制限エリアのソジャへと向かいました。

一気に第5層へとワープし、あっさりとBC前へ辿り着きます。



 プロミヴォン-ヴァズENM 掌中の珠 レベル50制限

  中央に白い玉が1体。近づくと、青・黄・水色の3体の玉がPOPします。
  3体の玉は、白い玉にダメージを与えられる属性を持っており、
  青:遠隔、黄:魔法、水色:近接となっているようです。
  最低でも1体は倒さないと、ボスの白い玉にダメージを与えることが
  できないってことですね。
  また、青・黄・水色のいずれかを倒すと、各色に対応している3国と
  同様のボスタイプがPOPします。


狩さんもいるので青と水色を倒してからボスをやることにしました。



しかし、戦ってみるとこれが大変!

玉の攻撃はエンプティシードという、範囲攻撃&ぶっ飛ばし。

更に、ボスは引き寄せまで使用します。


つまり、引き寄せられたと思ったら、次の瞬間ぶっ飛ばされて、また引き寄せられるわけですよ!(゜Д゜)

引き寄せられる対象は単体でランダムなのですが、結構連続できたりします。

実際やってみると、結構笑えます。(*゜ー゜)



そんな中でも、取り合えず、青い玉とPOPした雑魚を倒しました。

1匹倒したとこで、全員入り口に戻ってヒーリング。

回復して、ヒーリングをしているのですが、そんな状況でも引き寄せられます。

引き寄せられた人は、また入り口まで走って、辿り着いたらまた引き寄せられたりとか・・・


もうディスプレイの前で大笑いですよ。


そして次に水色も倒して、同じように休憩しました。


黄色は放置して白い玉のボスに攻撃をします。

こいつがまた弱くて、あっさりと削りきって終了でした。



過程がめちゃくちゃ大変でしたが、慣れれば楽になりそうでもありますね。

あと、白で回復役はもう参加したくないなと・・・

自分は吹っ飛ばされるし、回復しようとした味方も吹っ飛ばされて中断されまくりでした。

結果、ナイトさんを2回死なせてしまっています。



気になる戦利品ですが、淡淡しき追憶の一塊が出ました。

フリーロットだったので、取り合えずロットします。

900台と中々の数値を叩き出し、テイクアウトできました。(σ´∀`)σ


ジュノに戻り解散後、これをルルデの庭にいるお姉さんに渡したら、以下のような装備と交換してくれました。

 アストラルロープ
  腰 防5 15HPをMPに変換 敵対心+2
  Lv51~ 戦モ赤シナ暗獣吟侍忍竜

競売を除くと、1件目が100万ギルで徐々に下がり、最終は60万ギルでした。

そして、在庫3。

迷いましたが、しばらく様子を見てみることにして、倉庫に送りました。



そして臼のレベルが50になりました。

念願のホーリー習得です。(ぉ





終わった後、LSメンが礼拝堂にてフォモル族を狩っているとこに合流しました。

スウィフトベルトを取る為に、視線を溜めているとのこと。

ついでに、僕の視線も溜めるため、更には保険も稼ぐため、礼拝堂へダッシュ!

3000程の保険を稼ぎ、そこそこの視線を溜めて解散しました。





嫁に王冠を取らせるべく、流砂洞のミミズを狩りに行きました。

目指すは古の岩塩です。

ミミズのレベルが60を超えているので、僕は忍者63に着替え、嫁の白63と経験値を稼ぎながらやることに。

ついでにフェローのレベル上げも。(´∀`)


目的地に着き、誰もいないことを確認してミミズ狩りを始めます。

しかし、忍サポシでやっていたのですが全然出ません。

狩れども狩れども落とす気配が全くありません。

広場にはサソリとアリとが大量にいるので、そこのミミズには手を出せず、通路のミミズ3匹を順に狩り続けます。

お互いのフェローがレベルが上がるもドロップはなし。


結局、3時間半後にようやくドロップして、ジュノへ帰りました。


LS会話でそんな苦労話をしつつ、イボガエルの黒焼きが出品されないなんて話をしてると、

 玉:「今から取りに行こうぜー」

 僕:「嫁さん、もう落ちたよー」

 玉:「じゃ、取りに行ってくるー」



∑(゜△゜;)またですかー。

急いで忍者装備を倉庫へと送り、黒に着替えて海蛇へ向かいました。


こちらは、到着して2匹目でドロップしましたょ。(´ー`)

取り合えず、嫁に送りつけておきました。

翌日、イボガエルの黒焼きを受け取った嫁はカザムへと飛び立ち、オポオポの王冠をゲットしたのでありました。




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://happyvanalife.blog46.fc2.com/tb.php/14-bc48864c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。